コーチングとティーチング、カウンセリング、コンサルティングの違い


4.コーチはどのような人に必要?

コーチングの導入を検討している企業の経営者や担当者が、「問題があるからあの人にコーチをつけるべき」、「思考力がない人にコーチをつけたほうがよい」と認識している場合があります。しかし、コーチングは問題のある人を矯正するためのものではありません。例えばコンプライアンスに関することなど、企業として行動指針が明確なときには、ティーチングをするほうが適しています。知識や能力が未熟な場合も、ティーチングにより知識や能力を向上させる方が効果的です。
コーチングは、特定領域の知識や能力を備えたクライアントがより高いパフォーマンスを発揮し、目標達成することを支援します。人が発揮する能力は、置かれている環境や状況・直面する課題に左右されます。そのため、経営や部下育成など、状況や対象が常に変化する業務を抱える方にこそコーチが必要であり、機能しやすいです。

自分もコーチをつけてみる