リフレッシュして高い成果を上げる
ドイツの人々の休み方


5.「休み方」を見直してみませんか?

私自身、日本で会社員をしていたとき、休日も仕事をするか、疲れた身体を癒すためにマッサージに行くか、買い物をして過ごすことがほとんどでした。今思うと、働く・休むにメリハリがなくそれで疲れをためてしまったりパフォーマンスが下がったりしていたかもしれないなと感じます。みなさんの普段の働き方・休み方はいかがでしょうか?
人は幸福度が高いとパフォーマンスが上がると言われていますが、ドイツの人々が短い労働時間で高い生産性を発揮できているのは「休み方・遊び方」にも関係があるのかもしれません。最後にドイツの人々が実践している「リラックス・リフレッシュにつながる休み方」をまとめてご紹介します。短い時間でパフォーマンスを発揮するためにも、まずは「休み方」を見直してみるというのもいいかもしれません。

リラックス・リフレッシュにつながる休み方
  • 予定をたくさん入れすぎない
  • 「何もしない日」をつくってみる
  • 休み中には仕事のメールをチェックしない・ゆっくり食事をする
  • 適度な(負荷のかかりすぎない)運動をする
  • 家族や友達、大切な人と会話をする時間を持つ
  • 自然の中で過ごす(人工的な音や光のないところに行く)

関連記事:個人の幸せと企業や国の成長は両立するのか(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 前野隆司教授インタビュー)