自分が思ったことに正しく生き、感性を磨く【野津礼奈さんインタビュー】


今回は、日本ミニチュアフード協会代表の野津礼奈さんに、大切にしている価値観と今後のビジョンを伺いました。

 

自分が思ったことに正しく生きる

――ミニチュアをお仕事にされるまでの背景を教えてください。

ミニチュアは幼い頃から好きだったのですが作れるものとは知らなくて会社勤めをしていました。今思うと会社勤めをしていた頃の私は周りに流されていて、のんびり生温かく過ごしていたと思います。これでいいのかな、このままでいいのかなと思っていた頃、ミニチュアを作れることを知りました。作って売ってみたら周りの反応がとても良くて。それですぐに「やってみよう!」と決意して起業しました。

――決意までが早いですね。ハードルはなかったのでしょうか?

周りの友達もどんどん起業していたので、自然と私も起業しようと思えたんですよね。
良い意味で思い込みが激しい性格なので、「絶対成功する」と思い込むんですよ(笑)。

でも、ミニチュアを始めてから2年くらいは「それで食べていけるの?」とか「そうじゃなくてこうした方がいいよ」とか、結構否定的な言葉を言われて落ち込むこともありました。

でも結局、自分が楽しいときじゃないと良いことって思い浮かばないと思って。
ニューヨークに行きたいと思ったら、行く。自分が面白いと思ったものを作る。
そういうマインドに切り替えて、自分が思ったことに正しく生きるようになったら上手く行くようになりました。今はマイナスなことを考えることもありません。

以前は人から「変わっている」と言われるのが嫌で、なるべく皆と同じ格好で、普通の人でありたいと思っていたんです。
私はちょっと変わった、可愛いんだけどシュールさもあるミニチュアが好きで、ミニチュア餃子のピアスが一番お気に入りなんですけど(笑)、そういった好みも隠さないといけないと思っていました。

 

ただ、今は個性が重要な時代ですよね。変な部分も隠さなくていいのかなと思えるようになりました。起業してから、自分と向き合うようになりましたね。

 

目標をノートに書いて達成し続ける

――野津さんは女性らしい雰囲気ながら、芯の強さも感じます。ご自分の性格をどのようにみていますか?

お腹の中におじさんがいると言われています(笑)。
止まっている時間が嫌いで、やるのかやらないのかはっきり決めたいし、やるとなったら早くその結果が知りたいタイプなんです。

小学生の時から目標を書いて、達成したらチェックするのが好きで。
タスク管理の手法などを習ったことはないんですが、ミニチュアをやり始めたときも1年目、2年目、3年目と目標をノートに書いてチェックしていました。

今も目標などを書いていて、何か判断するときの指標にしています。
覚えていないのは、思っていないことと同じなんですって。
書いて終わりではなく、ノートを見返すようにもしています。

――会員も順調に増えています。経営者として意識されていることはありますか。

本来私は自分勝手な人間だと思っているので(笑)、傲慢にならないように意識しています。
協会を始めた頃は手探りの状態で、売れるかもわからなかった。
そんな時代から私を信じてついてきてくれている方もいるので、大切にしたいです。

だから今は目標を立てるときも、自分が楽しいと思ったことだけではなくて、
会員さんがどう思うかな、皆のためになるかという視点も意識しています。
ミニチュアを仕事にして、それで生計を立てたいと思ってくれている方の期待にも応えたいと思っています。

「枠」に囚われないために、感性を磨き続ける

今の話にも繋がるんですけど、社会貢献がしたいんです。
ミニチュアって、作ることが目的ではなくて、その人がもっと楽しい時間を過ごせるようになるためのツールだと思うんです。
楽しい時間を過ごすことが目的なら、ミニチュアを作ることだけに囚われる必要はないと思っています。
例えばミニチュアを作るレッスンだけでなく、リアルに食べられるお弁当を作るレッスンなども考えています。

――そう考えるようになった背景は何ですか?

さっきニューヨークの話をしましたが、ニューヨークって色んなことが掛け合わせられている街だから好きなんです。
固定観念に囚われてはいけないと行く度に思うし、自分の感性が磨かれます。

日本人は、枠に捉われがちなところがあるのかなとも思います。
ミニチュアをやっていますというと、ミニチュアしかやらないものと決めつけられてしまうことがあって、それが私たちの可能性を制限されるようで嫌なんです。

「らしさ」とか個性は大切だと思うんですけど、もっと色んなものを掛け合わせたいし、
0から1をプロデュースし続けていきたいと思っています。
そのためにも新しいスポットに行ったり、海外に行ったりして色んなところにアンテナを立てて、感性を磨き続けたいと思っています。

GoogleMapに保存しているお気に入りスポットマップ。好きなスポットに行くとエネルギーが高まる

 

 

野津 礼奈 Reina Nozu

株式会社COREIINA代表取締役
日本ミニチュアフード協会代表

日本初の資格認定レッスンを開講するなどミニチュアフードのパイオニア的存在。認定教室は、関東・東海・関西・北海道・台湾で開講しており、2019年4月からはオンラインレッスンも開始。ニューヨークでの約1ヶ月の展示会やワークショップ、フランスでの販売・レッスン実施など、海外にも日本のミニチュアフードの魅力を伝えるべく活動中。