コーチング・マネジメント関連用語


は行

  • ビクティム:被害者的な意識のこと
  • ファウンデーション:自己基盤。自身の精神的な安定度合いを指す。人が行動を起こすための基礎体力のようなもので、健康、社会環境、人間関係などを整えておくこと。
  • ファシリテーション:組織における制度上の地位・肩書きが持たせる力のこと。高いポジション・高い職位にあることによって部下は指示に従い、動く会議の場で、発言を促したり、話の流れを整理したりすることによって会議が円滑に進むよう仕切ること
  • フィードバック:工学系の用語で、ある系の出力を入力側に返すことをいう。経営学では、人事評価の結果を本人に伝える、あるいは組織のメンバーや部門に本人の行動のプロセスや成果についての情報を提供する意味で用いることが多い
  • フレームワーク:枠組み・骨組みなどのこと。ビジネス分野では、様々な対象や分野に共通して用いることができる思考や分析、問題解決の手法や枠組みのことをビジネスフレームワークまたはフレームワークと呼ぶ
  • ポジション・パワー:組織における制度上の地位・肩書きが持たせる力のこと。高いポジション・高い職位にあることによって部下は指示に従い、動く

ま行

  • マイクロマネジメント:管理者である上司が部下に干渉しすぎること。全業務を監督し、部下に意思決定権を一切渡さない
  • myPecon(マイペコン):株式会社スーペリアが運営するオンライン・コーチングシステム

ら行

  • ラポール:言語学、心理学用語。 人と人との間にある相互信頼の関係。心が通い合った状態であること。
  • リフレイン:相手が発した言葉をそのまま繰り返すこと