経営者や医師はなぜコーチをつけるのか


3.起業家はなぜコーチをつけるのか

起業家には、新しい事業を興すために革新的なアイディアを生み出し、スピーディーに事業展開することが求められます。前例がない事業に対して事業判断をしていくには、様々な角度から考え抜く力とともに、判断基準のないものに対して意思決定する決断力も必要とされます。 コーチは起業家の多角的な思考を支援します。また、創業期には創業者が独自のアイディアでスピーディーな意思決定を行うことも多くあります。創業期では特に、メンバーがスピード感についていけない、組織としての結束力が弱く摩擦や離職が起きやすいなどの問題があります。創業者がコーチをつけることで、迅速に意思決定を行いながら組織を牽引し、より短い期間で事業を軌道に乗せることが期待できます。実際にFacebookの創業者、マーク・ザッカーバーグはコーチをつけることによって、分裂しそうになっていた社内を再び一致団結させたと言われています。