2時間で人生を変える~異業種からワインのプロへ~【前編】


今回は、東京・白山でワインショップCellier de L’oursonを経営されている伊東さんにインタビューさせて頂きました。前半はCellier de L’ourson を立ち上げられてから今に至るまでの歴史をお送りします。

伊東さんのワインとの出会いやキャリアについてお伺いできますか。
学生の時は、自分で何がしたいというのがわかっていなかったんです。大学でコンピューターの授業を受けていた流れでとりあえずSEになって、そのまま10年働いていました。入社して何年か経った時[に、北海道を1周しながらワイナリーを巡ったんですが、その時にビビっと来ちゃったんです。もともとお酒は好きで、社会人になってから、もしかしたらワインに関わる仕事がいいんじゃないかと思ったこともあるんですが、その時はただの夢物語で、それが10年働く中で現実的になってきました。

やるからにはちゃんと勉強したいと思うタイプなので、都内の飲食店やワインショップでちょっと働くだけじゃダメだと思ったんです。現場を知りたかったし、ブドウ栽培から知るためにはワイナリーで働くしかないと思って、山梨のワイナリーを訪問して回って直談判しました。なので私のキャリアはSE を10年間、ワイナリーが13年。5年前に独立したのでワイン業界で18年になります。

SEを経て、まったくの経験ゼロからワインの世界へ

ワインの仕事につきたいというのはSEをされている間にずっと思っていたのでしょうか?
初めは全く思っていなかったですね。当時、SEと言えば花形の職業で食いっぱぐれることはなかったのですが、残業も多くずっと続けられる仕事ではないと思っていました。自分はこのままでいいのだろうか、って考えるタイミングが誰しもあると思うんですが、私自身そういったことを考えるタイミングでワインと出会ったことも関係していると思います。もう大決断で、親にもかなり心配されました。

-SEがいきなりワインのプロとしてワイナリーで働くのは難しいように思います。ワイナリーの門を叩かれたときはSEとしてプレゼンをされたのでしょうか?
大手は基本新入社員ばかりなので私のような中途は無理です。山梨のワイナリーは中小企業が多いので即戦力でないと採用されない。ワインの知識はゼロなので、過去の経験を生かして自分にできることをアピールして入社しました 。

入社した山梨のワイナリーでは、販売促進や企画に関する仕事をしながらワインの勉強をして、最短の3年で日本ソムリエ協会のワインアドバイザー(今は呼称が変更されソムリエ)の資格を取りました。小さい会社なので醸造の手伝いや、営業、接客、なんでもやりました。就職活動をしながら独学で勉強したイラストレーターやPhotoshopの経験を生かしてチラシを作ったりもしましたね。